Live the Adventure

ココロの声に正直に。

さらばミャンマー!最終目的地インレー湖

マンダレーからインレー湖に来ました。
街の名前はニャウンシュエっていうとこです。

この街、朝からマーケットが賑わっていて、おばあさんは川へ洗濯に、とんでもない量のトマトの選別場所があったり、見どころ満載!!
f:id:rengm:20180619023846j:plain
f:id:rengm:20180619023914j:plain
f:id:rengm:20180619023939j:plain


ちなみにミャンマーの観光地はどこも入域料かかります。
f:id:rengm:20180619023556j:plain




インレー湖の観光は船でしか行けないからボートをチャーター!ドライバーにいろんな所に連れてってもらいます。

f:id:rengm:20180619024048j:plain
朝8時に街の川からスタート。
朝はまだ冷え込んでるね、おばあちゃんフル装備。おれ半袖で来ちゃったよ寒いよ


f:id:rengm:20180619024123j:plain
f:id:rengm:20180619024159j:plain
湖の上に家とかレストラン立ってるし、畑もあるー!
電柱とかも木で作ってあって風情が良き。









最初に連れて来てもらったのはシルバーアクセサリーを作ってる職人さんの所!
f:id:rengm:20180619024320j:plain
f:id:rengm:20180619024347j:plain

作業が細かいな〜すごい!
イケてるアクセサリーいっぱいあって誘惑に耐えるのに必死。結構いい値段するよ!
f:id:rengm:20180619024420j:plain







次はコットン製品を作ってる職人さん!
伝統衣装のロンジーとかもここで作ってる!
f:id:rengm:20180619024528j:plain

ハスの花の茎から糸を取って、、

ハスの花ってだけでなんかテンション上がる!なぜなら蓮って名前だからね!!

f:id:rengm:20180619024601j:plain
糸を伸ばしてグルグルして、、

f:id:rengm:20180619024622j:plain
編み込む!!(説明下手か、語彙力)


シルク素材と組み合わせたり、何種類もの色を使って編み込んで、ミャンマー伝統のデザインになるみたい!
f:id:rengm:20180619024646j:plain
f:id:rengm:20180619024707j:plain


ここでも誘惑が。
いつ日本帰るかわかんないんだもん、お金と日程があえば絶対買ってる。
f:id:rengm:20180619114533j:plain





ミャンマーにも首長族いたー!!
お久しぶりです。
f:id:rengm:20180619024756j:plain







サンセットまで時間があるから、地元の人たちとのんびり。
f:id:rengm:20180619024826j:plain
ビルマ語わかんないけど、お互いなんとなく伝わってる感すき。
その国の"こんにちは"と"美味しい"と"ありがとう"は覚えるようにしてて、それだけでもめっちゃ喜んでくれる!
[f:id:rengm:20180619024844j:plain
f:id:rengm:20180619024909j:plain





日が暮れてきた。
f:id:rengm:20180619024954j:plain



街へ戻る途中、フィッシャーマンが現れた!!彼らはインレー湖で暮らすインダー族と呼ばれる漁師たち。


f:id:rengm:20180619025033j:plain
なんだその独特なポーズは!!
バランス力すげえ!イけてるぜ!!

オールを手じゃなくて片足で使うスタイル!両手が空いて漁がしやすいんだと。


f:id:rengm:20180619025109j:plain
f:id:rengm:20180619025124j:plain
おれを撮れと言わんばかりにめっちゃポーズ決めてくる!!







その後、しっかりお金請求されました。







f:id:rengm:20180619025145j:plain
でも楽しかった!ありがとうフィッシャーマン!







その国や地域でしか見れない伝統的な職とか生活って見てるの面白い。ミャンマーは特にいろんな人がいて、人も優しいしいい国だな。気づけば2週間以上いたし、ミャンマー好きになっちまった。


f:id:rengm:20180619025240j:plain
f:id:rengm:20180619115422j:plain
さてと、そろそろ次の国へ行こうかな。