Live the Adventure

ココロの声に正直に。

カロ族とハマル族

f:id:rengm:20181106235821j:image

 

 

 

今日も早朝からバイクとガイドをチャーターして隣町のトゥルミヘ!

f:id:rengm:20181106231237j:image

 

 

まずはカロ族の村へ片道2-3時間のロングドライブ!しかも昨日雨が降ったせいで道がぬかるんでて一苦労。トラックがはまってる

 

 

 

カロ族は体に白いペイントをしているのが特徴的な民族。男性は全身で女性は顔だけ。

 

 

 

f:id:rengm:20181106231555j:image
f:id:rengm:20181106231545j:image

f:id:rengm:20181106235950j:image

村に着くと、待ってました感がすごい。

早く撮れとでも言わんばかりにみんな並んでる

 


f:id:rengm:20181106231850j:image
f:id:rengm:20181106231857j:image
f:id:rengm:20181106231844j:image

壮大なオモ川流域に彼らの集落がある。

街から60kmも離れているから比較的素朴な生活をしていて、子供が多いけど人口は減り続けているみたい。

 

 

 

 

f:id:rengm:20181106232000j:image
f:id:rengm:20181106231954j:image
女性もみんな裸だから撮るのに少し抵抗があるし、載せちゃいけない気がするから自粛。顔だけね

 

 

 

 

記念に俺もペイントしてもらた

f:id:rengm:20181106232120j:image

 

 

 

記念写真は右の男の子が全然笑ってくれなかったんだけど笑

f:id:rengm:20181106232225j:image

おいおい、なんか嫌なことでもあったのかい?

もっと笑えよ〜

f:id:rengm:20181106232232j:image

 

 

 

 


カロ族は子供が多くてみんな元気だしフレンドリーな人が多くて良きでした

f:id:rengm:20181106232428j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


お次はハマル族。

 

f:id:rengm:20181106232544j:image
村に着くと誰もいない、、?

 

 

 

今日はみんなマーケットに行ってしまったようだ。先にそれを言わんかい。

 

 

 

お留守番してた人たちを撮らせてもらったよ

f:id:rengm:20181106232635j:image
f:id:rengm:20181106232639j:image
f:id:rengm:20181106232629j:image

ハマル族の女性は赤土で塗り固められた髪が特徴的。

 

 

 

f:id:rengm:20181106233326j:image

そして背中にムチ打ちの傷跡があるんだけど、これは成人の儀式で男性が女性にムチを打った跡。

 

めちゃくちゃ痛そうだけど、これは彼女たちにとっての勲章。数が多ければ多いほどいい女として認められる。

 

 

さらにハマル族は一夫多妻制。夫は3人まで妻を持てるけど、初婚は男性の両親が必ず選ぶみたいで、その時の基準がこの傷跡、勲章だという。

 

 

f:id:rengm:20181106233822j:image
f:id:rengm:20181106233827j:image

 

これで予定してた少数民族巡りはおしまい。

 

それぞれに特徴があって生活も違って、日本の生活がとれだけ恵まれているかも分かるし、何より実際に自分の目でリアルを見ることが出来て良かった!

 

まだまだ見たい少数民族はいるんだけど、かなりお金もかかるからこれでケニアに抜けます!また戻って来る機会があるといいなあ

 

旅の様子はこちらから!

チャンネル登録よろしくお願いします!

https://www.youtube.com/channel/UCjTtb0_wf8yWz-PYpG-x-Bw

 


Instagramhttp://Instagram.com/_rengm_/

Twitter: http://Twitter.com/_rengm_/

Blog: http://rengm.hatenablog.com

 

ムルシ族とアリ村

f:id:rengm:20181106235700j:image

ジンカという街を拠点にすることにした僕。

今日はムルシ族へ会いに行く!

 

 


民族巡りは何人かで車をチャーターして行くのが安くて一般的。

友達ともタイミングが合わず、日本人も見当たらなかったからひとりで行くしかない!

 


車を借りるのは高いから少しでも安く行くために個人的にガイドを雇ったよ!それでもみんなで行くよりは高くなってしまうのだけど。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:rengm:20181106224610j:image
f:id:rengm:20181106224615j:image

ムルシ族はMago National Parkの中に村があって、しかも最近は危険なエリアになってて個人では絶対に行けないので

 


入園料+入村料+ソルジャー料+ガイド

って感じで、他の民族に比べて行くだけでもかなりお金がかかる。

 

 

 

早朝が一番人が多くて活発と聞いて日が出る前に宿を出た

 

 

 

 

f:id:rengm:20181106224730j:image
f:id:rengm:20181106224720j:image
ちょうど朝食の時間にお邪魔してきたんだけど、観光客が来たとなれば一斉押し寄せてきて、フォト!フォト!5ブル!フォト!

 

 

 

フォトコールが鳴り止まない。

 

 

 

俺も写真を撮りに来たんだけど昨日のマーケットとは違って、ここまでがめつく来られると躊躇しちゃうよね

 

 

 


お前が撮りたい人を選べ。とガイドに言われて

 


えええ、じゃあこの人とこの人で、他の人はすいませ~ん。本当はみんな撮ってあげたいんだけどお金にも限りがあるしごめんねー!

 

f:id:rengm:20181106224820j:image

 

下前歯を抜き下唇を切ってお皿をはめ込んでいるのが特徴的。

これは女性のみの風習で、奴隷貿易が盛んだった時代に

"自分自身を酷く見せれば連れていかれることはないだろう"

っていう考えが由来みたい。

 

子供を産む女性とその子供たちは高値で取引されていたんだって。悲しい時代があったんだなあ

f:id:rengm:20181106225454j:image
f:id:rengm:20181106225446j:image
f:id:rengm:20181106225441j:image

 

でも今は政府からの指導もあって、お皿をはめている人は少なかったです!

ムルシ族はその姿や歴史からかなり衝撃を受けて印象に残ってる。

 

 

テレビでも放送されてたり知っている人は多いと思うけど、実際に村を訪れて彼らの生活を見ると感じることがたくさんあるし、同じ時代を生きていることがすごいと思った。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


一旦ジンカに戻ってお昼休憩をはさんでからアリ村へ。

 

 

f:id:rengm:20181106230151j:image
f:id:rengm:20181106230158j:image
f:id:rengm:20181106230208j:image

ここは民族ではないんだけど、自給自足をしてる人が多い村。

ジャガイモ、トウモロコシ、マンゴー、バナナ、鶏もいっぱいいて、村全体が農家って感じ。

 

 

f:id:rengm:20181106230329j:image
f:id:rengm:20181106230322j:image
f:id:rengm:20181106230333j:image

子供達もすごい可愛くて、田舎でのんびり過ごしてる。

ここではフォトじゃなくてユー!you! you! you!コールが鳴り止まなかった。

民族じゃないから写真でお金を払う必要はないし純粋に子供たちと遊べた

 

 

 

エチオピアといえばのインジェラを一から作ってくれたり、農作物を食べさせてもらった

f:id:rengm:20181106230427j:image
f:id:rengm:20181106230432j:image

 

 

 

 

俺もおじいちゃん農家なんだけど、やっぱ田舎暮らし最高だなー

f:id:rengm:20181106230519j:image

 

 


明日は少し遠出します

少数民族巡り。最悪の幕開け

f:id:rengm:20181106235410j:image


ダナキルツアーからアディスアベバに戻り、これから少数民族巡りへ!

 


エチオピア南部には約80もの少数民族が暮らしているという。日本にいる時、クレイジージャーニーで見て以来ずっと気になっていたし是非とも会いに行きたい!

 

 

 

ということで

アディスアベバからアルバミンチへ向かう。

民族巡りをするには必ずアルバミンチまで南下する必要があります。

 

 


アルバミンチで一泊して翌朝カイアファールという街へ。

 

 

 

ここで事件発生。

 

 

 

iPhoneが無い!!

 

 

 

おかしい。宿を出るときは持ってたよな

 


バス停に着いてバスを待ってて、バスが来たからバスに乗って、音楽でも聞こうと思ったら無い、、??

 

 

 

え、どういうこと?また?

まだ日が出てない暗闇の中かなりの人がいるバス停でスられたんだ。油断してポケットに入れてしまっていた

 

 

 

 


蓮、iPhoneを盗まれる。(2回目)

f:id:rengm:20181106221335j:image

 

 

 


でも2回目にもなると前回ほどショックを受けていなくて冷静な自分に驚いた。

前回の反省を生かしてバックアップはとってあるし、そもそも5sのスペック弱すぎて呆れてたし、まあいいやって。

 

 

 

ただマップと調べておいたメモ、連絡手段が消えたのはきつい。少数民族巡り初日、最悪の幕開けである。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


そんなこんなでカイアファールに着いた。

f:id:rengm:20181106221618j:image

ここでは毎週木曜日にマーケットが開かれていて、バンナ族が見られる。

 

 

 

バンナ族はビーズで作られたアクセサリーを身につけていて、奇抜な髪型をしてる人も多くてとてもお洒落な民族。

f:id:rengm:20181106221700j:image
f:id:rengm:20181106221655j:image

 

 

 

写真を撮らせてもらうには1人5ブルまたは10ブル(20~40円)払わなきゃいけない。5ブル札をたくさん用意しておくといいですよ

 

 

 

喜んで撮らせてくれる人もいれば当然NGの人もいて、思ってたより大変だー

f:id:rengm:20181106221953j:image
f:id:rengm:20181106222005j:image
f:id:rengm:20181106221948j:image

 

 

 

 

 

 

一番フレンドリーでイケてたお兄さん

どう?かっこよくない?

f:id:rengm:20181106222040j:image

 

 

 

 


ひとりで乗り込んだわけなんだけど、途中からこの子がガイドしてくれた!たぶんこのマーケットの中で唯一英語が喋れる子。

f:id:rengm:20181106222150j:image

なんで君だけ英語が話せるか聞いたら、学校で頑張って勉強してるんだって

 


写真の交渉もこの子が全部してくれてかなり助かった!ずっと付いてきた子もかわええかった

f:id:rengm:20181106222219j:image

 

 

 

 

 

 

 


そして、その日のうちにミニバンでジンカという街へ。

f:id:rengm:20181106222251j:image

f:id:rengm:20181106222507j:image

ジンカは南部の中でもかなり大きい街で、お店も宿も充実してる!ということでこの街を拠点に民族巡りをすることに決めた!

 

 

旅の様子はこちらから!

チャンネル登録よろしくお願いします!

https://www.youtube.com/channel/UCjTtb0_wf8yWz-PYpG-x-Bw

 


Instagramhttp://Instagram.com/_rengm_/

Twitter: http://Twitter.com/_rengm_/

Blog: http://rengm.hatenablog.com

 

 

 

エチオピアの美容院に行ってみたらとんでもないことに!


ETTオフィスのあるビルの2階にビューティーサロンを発見したので行ってみた

 

 

 

いざアフリカンヘアーに!!

 

 

 

とりあえずアフリカっぽくしてくれってお願いした。完全にお任せ

 

 

 

before

f:id:rengm:20181022192235j:image

いつもバンダナで隠してるけど、めちゃくちゃダサい。伸ばしたまま放置はあかん。整えないと

 

 

 

 

 

 

エチオピアといえばコーンロウとか有名だから編み込みが始まるかと思いきや、なにやらクルクル巻き始めたぞ

 

 

 

これはアフリカンパーマにされるのか?

 

 

 

 


途中経過

f:id:rengm:20181022192315j:image

 

 

これ完全にパーマにされるやつやーん!

うける

 

 

 

 

 

 

1時間くらい経ってクルクル巻いてたやつとった結果がこちら

 

 

 

 

 

 

after

f:id:rengm:20181022192413j:image
f:id:rengm:20181022192357j:image


めっちゃクルクルしとるー!!!

クソワロター!

 

 

 

え、パーマってこんな感じなの?

エチオピア人のウケは非常にいいんだけども。

 

 

 

変に伸び切ってるよりはマシか?

 

 

 

 


これで150ブル(600円)

てか初めて髪の毛にお金払った!!

 

 

 

日本にいるときは従兄弟の家が美容院だからずっと無料でやってもらってたし、大学で地元離れてもずっと自分で切ってたからこれまで22年間髪の毛にお金払う感覚分からんかった

 

 

 

まさか人生初がエチオピアになるとは

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも次の日朝シャンしたらさ、元に戻ったんだけど。

f:id:rengm:20181022192459j:image

えーーー?どゆことーー?

 


もしかしてシャンプーしちゃダメだったのかな?そんなことある?

 

 

 

ま、600円のクオリティか。

1日限定のパーマでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その日たまたまJICA ETHIOPIAが主催する夏祭りがあってお邪魔してきたよ

f:id:rengm:20181022192555j:image
f:id:rengm:20181022192546j:image

 

 

 

大使館とか協力隊の方々が日本の文化とかエチオピアでの取り組みを知ってもらうために開催してるみたい

今年で10年目なんだって

 

 

 

 


日本食を提供してたり、甚兵衛や浴衣を試着できたり、折り紙したり、書道体験したり。

f:id:rengm:20181022192918j:image
f:id:rengm:20181022192835j:image
f:id:rengm:20181022192817j:image
f:id:rengm:20181022192848j:image

 


 

 

 

 

さらにはエチオピアの子供達が日本の歌や踊り、柔道などを披露してた!

f:id:rengm:20181022193156j:image
f:id:rengm:20181022193137j:image
f:id:rengm:20181022193117j:image

 

 

 

素晴らしい!見てて嬉しくなる!

エチオピアに限らずたくさんの外国人が来てて楽しんでる様子が見れました

 

 

 

エチオピアに来てから思ってたけど、エチオピアがうざい国だとか危険だとか誰か言ってるん?

 


もちろんそういう場所もあるんだろうけど盛りすぎもいいとこだよね、街歩いててもみんないい人だよ

 

 

 

日本から来たよって言えば、

日本は最高だー!

エチオピアと日本はいい関係なんだぞー!

って言ってくれる。

 

 

 

最初はチャイナ!コリア!ニーハオ!って言われるんだけどね。

f:id:rengm:20181022193408j:image
f:id:rengm:20181022193353j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


アフリカは農業の市場が大きくて、JICAの方が取り組んでるのもお米とか水に対してのプロジェクト。

 

 

 

エチオピアにもお米が新しい穀物として取り入れられて、主食のインジェラにも利用できるから、お米の消費が増えてるみたい!

 

 

 

一般的なインジェラとお米を混ぜて作ったインジェラの食べ比べ。

f:id:rengm:20181022193534j:image

 

 

 

水については、アフリカの中でもエチオピアは世界で一番給水率が低い国。安全な水を供給したり施設の維持管理に支援をしてる。

f:id:rengm:20181022193845j:image

 

 

 

他にもいろんなプロジェクトがあると思うんだけど、日本がこういう活動をしてるってことを少しでも知ることができたよ

 

 

 

JICAって言葉はよく聞くけど、実際どんな活動してるのか知らなかったから今回勉強になった!

 

 

 

いろんな方からお話聞いて興味もったし、ボランティアとかあれば参加したいとも思ったし、日本人として誇りに思えることが多いね

 

 

 

 


webやfacebookでJICA ETHIOPIAについて詳しく載ってるから気になる人は見てみて

 

 

 

 


さて、これから少し南下して民族巡りに行ってきます。

 


おそらくまたWi-Fiのない環境だからしばらくSNSもブログも更新できないと思うけど楽しんできます

世界一過酷!?2泊3日ダナキルツアー②

f:id:rengm:20181022185133j:image

 

 

 

 

 

 

 

2日目

朝7時に出発して目指すはダロル火山!

 

 

 

通称ナメック星。

 

 

 


昨日の塩湖を進んで行くとだんだん地面の色がオレンジに変わってくる。

f:id:rengm:20181022185023j:image
f:id:rengm:20181022185008j:image

 

 

 

そして奥に進むにつれて強烈なアンモニアと硫黄の匂いに鼻がやられる

 

 

 

 

 

 

、、、

で、出たあああ!

うおおお、なんじゃこりゃー!!

f:id:rengm:20181022185415j:image
f:id:rengm:20181022185432j:image

 

 

 

 


ここは本当に地球かい?

なんだか別の惑星にいるみたいだぞ

 

 

 

 

 

f:id:rengm:20181022185539j:image
f:id:rengm:20181022185557j:image
すげええな、、

間違いなくこの旅で1番おかしな景色!

 

 

 

 


ダロル火山は毎日活動してるから日によって色も形も違うし見える景色が全然違うみたい。


朝っぱらからすげえもん見せてもらった!

 

 

 

 

 

 

 


それから少し離れたところにあるソルトマウンテン!

f:id:rengm:20181022185727j:image
f:id:rengm:20181022185713j:image

この辺りでは生活に必要な塩を取って街まで運んでるんだって!

 


便利な重機や機械がないから手作業でみんな重労働してる!こんな暑い中でアフリカの人たちすげえや

f:id:rengm:20181022185947j:image
f:id:rengm:20181022190009j:image

 

 

 

 

 

 

 


そこから5.6時間かな?

爆睡してたんだけど、夜にエルタアレ火山のベースキャンプに到着。

 

 

 

そこから3時間かけてトレッキングして火山のマグマを見に行く!

 

 

 

が、しかし

時期的な問題なのか全く見れず。ただ煙に覆われるだけ。過呼吸状態

f:id:rengm:20181022190105j:image
f:id:rengm:20181022190118j:image

 

 

 

 

 

その近くで野宿して、翌朝また行ってみたけどやっぱり煙だけ。この下にはぐつぐつしてるマグマがあるのに見れねえ。くそーー

f:id:rengm:20181022190218j:image
f:id:rengm:20181022190206j:image

 

 

 

残念。

 

 

 

 


また3時間かけて下山してメケレに戻る。これまた長時間ドライブ。爆睡。

 

 

 

 


途中で天然温泉に入ったよ~

 

f:id:rengm:20181022191406j:image

気温40度、水温も40度で暑すぎたけど、お湯に浸かるのはかなり久しぶりで気持ちよかった!

外国人も温泉は好きみたい

 

 

 

 

 

 

夜メケレに戻ってきて、早朝のバスでアディスアベバに夕方着。

 

 

 

 

 

 

エルタアレ火山でマグマが見れなかったのは残念だったけど、ダナキル砂漠には不思議な景色がたくさんあるし、なかなか面白いツアーだった!

 

 

 

世界一過酷って言われてるほど過酷でもなかったよ

 

 

 

まあ3日間Wi-Fiも無いし、シャワーも浴びれないし、不便かもだけどこれが現地の生活なわけで

 


いい経験になったし結果的には満足!

ビスラットありがとーう

f:id:rengm:20181022191434j:image

 

世界一過酷!?2泊3日ダナキルツアー①

f:id:rengm:20181022182135j:image
エジプトからエチオピア

スーダンアメリカビザが面倒なので飛ばしました。ここから本格的にアフリカ縦断が始まります!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

早速、首都アディスアベバから2泊3日のダナキルツアーに参加してきました!

世界一過酷と言われていて?日本人にも人気のこのツアー。

 

 

 

 


いろんな旅行会社がある中で僕が選んだのはアディスアベバのETT(Ethio Travel and Tours)

f:id:rengm:20181022182633j:image
f:id:rengm:20181022182556j:image

旅仲間からおすすめしてもらいました。

 

 

 

 


300ドル+拠点となるメケレまでの往復バス40ドル=340ドルにしてもらった!

 

ボスのビスラットと交渉すれば安くなるよ!一切値下げしてくれない従業員もいるみたい。

後で知ったんだけど、メケレのETTで申し込むと何が何でも400ドルらしい。

 

 

f:id:rengm:20181022183343j:image

だからアディスアベバから行くのがおすすめ!

ボスのビスラットどこや!ってETT乗り込んで下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アフリカは治安の問題なのか夜行バスが法律で禁止されてるから、移動は朝方がほとんど!

朝4時にアディスアベバを出発して夕方6時にメケレ到着。メケレのETTで再度スケジュールを確認して、翌日9時からツアースタートって感じでした!

 


メケレではツアーの前後に2泊することになります。

 

 

 

 

 

 

 


1日目

メケレから砂漠地帯を目指して山道をひたすら進む。

f:id:rengm:20181022183540j:image
f:id:rengm:20181022183457j:image

 

 

 

 

途中の街でお昼休憩。

子供達が無邪気でかわええ

f:id:rengm:20181022183757j:image
f:id:rengm:20181022183743j:image
f:id:rengm:20181022183729j:image
f:id:rengm:20181022183721j:image

アフリカは景色ももちろんだけど、人との関わり増やしたいと思ってるから既に楽しい!

 

 

 

 

 


アフリカの気温は40度近くて暑い!

西回りだとずーっと夏!まだまだ夏が終わらない!

 

f:id:rengm:20181022183920j:image
f:id:rengm:20181022183938j:image

景色も砂漠っぽくなってきた

ドンキーもこんな状態、、

 

 

 

 

 

 

 

 

そして砂漠地帯にポツンとあるのが死海

まさかエチオピアにも死海があるなんて!

f:id:rengm:20181022184053j:image
f:id:rengm:20181022184037j:image


ここは海抜−100mだけど、やっぱり浮く!!そして傷口が痛む!!

座ってるように見えるけど足つかないくらい深いっす

 

 

 

 

 

 

夕方はアサレ塩湖へ

エチオピアにも塩湖あるんかーい

これもまたトルコのトゥズ湖ぶり!

f:id:rengm:20181022184220j:image
f:id:rengm:20181022184210j:image


意外とウユニに似た場所は世界中にあるんだよね~もちろん日本にも!

 

 

 

天気がちょっと微妙で水も少なかったんだけど、それでもなかなか綺麗だよね!

f:id:rengm:20181022184254j:image


ウユニ塩湖はどれだけすごいんだろう。

南米はまだ先だけど楽しみで仕方ない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして本日の宿、、??

f:id:rengm:20181022184447j:image
f:id:rengm:20181022184427j:image

うん、嫌いじゃないこういうの

アフリカっぽい!!

 

 

 

でも夜中、暴風雨にやられて結局車中泊でした笑

 

 

 

 


2日目に続く。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ダイビングライセンス取得!in 恋するダハブ

f:id:rengm:20181010214717j:image

 

 

 

26カ国目エジプトへ

ルートはヨルダン・アカバからフェリーでエジプト・ヌエバ、そこからバスでダハブinです

f:id:rengm:20181010214457j:image

 

海路での国境越えがしてみたかった!

なんだかワンピースみたいでワクワクするじゃんね


船内は爆睡でしたけどね

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、居心地の良さに恋するんだか好きな人が出来るんだか知らんけど、"恋するダハブ"と呼ばれる場所にきた

 

 

 

 

 

 

ここでは5日間かけてスキューバダイビングのライセンスをアドバンスまで取りました!

 

 

 

 


海なし県長野出身だし、なかなか行けるもんじゃないから海は好き!

 

 

 

 

 

 

眠くなるような講習DVDを3時間みて、分厚いテキストと共に始まったダハブ生活

f:id:rengm:20181010214903j:image
f:id:rengm:20181010214914j:image

 

 

 

 

器材のセットアップやらマスククリアやら中性浮力やら、一気に覚えることあって難しいし手こずった1日目

f:id:rengm:20181010215058j:image
f:id:rengm:20181010215115j:image
f:id:rengm:20181010215047j:image

 

 

でも水中で呼吸できるのに感動したし、海の中は静かで綺麗で特別な空間に感じた

 

 

 

 


2日目が終われば慣れてきて基本的なことも覚えてダイビングがますます面白くなってくる!たのしいいい

 

 

 

f:id:rengm:20181010214845j:image
筆記試験も無事にパスして(勉強するのいつぶりや)、とりあえずオープンライセンスはクリア

 

 

 

 

 


それからは深度が30m近くなって、海の青さといい静けさといい、ダイビングでしか味わえない空間に感動しっぱなし!

f:id:rengm:20181010215352j:image
f:id:rengm:20181010215431j:image

 

 

 

 

面白い地形を泳いだり、いろんな動植物みたり、途中からはカメラも持って行けるくらいには上達できた

f:id:rengm:20181010215632j:image
f:id:rengm:20181010215556j:image
f:id:rengm:20181010215738j:imagef:id:rengm:20181010215608j:image

 

 

 

 


5日目が終わって最後の試験もパスして無事にアドバイスのライセンス取得!

 

これからは世界中の海で深度30mまで潜れます!取ったからにはカリブ海とかで潜りたいなー!

f:id:rengm:20181010215915j:image

 

 

ほんと世界は知らないことだらけ。陸だけじゃなくて海の中まで行けるようになったもん、広すぎる。

 

 

 

 

 

 

唯一の日本人インストラクター憲治さんのもと、厳しく楽しくダイビングできました

 

 

 

宿はDEEP BLUEで、ライセンス取得中の5日間は宿泊無料、その後の5日間も半額というありがたさ!

Wi-Fiはほぼ使えないしシャワーは塩っぽいけどね笑

 

 

 

 


やっぱ日本人もめちゃくちゃ多いね

いつも日本人宿は泊まらないからこんなたくさんの日本人と毎日過ごすのは久しぶりだった

f:id:rengm:20181010220114j:image
f:id:rengm:20181010220204j:image
f:id:rengm:20181010220218j:image
f:id:rengm:20181010220149j:image
f:id:rengm:20181010220129j:image


日本食食べに行ったり、漫画読んで1日潰したり、誰かが出発する時は全員でお見送りに行って、日本人といると安心しすぎちゃうなあ

 

 

 

 

 

 

非常に満喫した10日間でした!

こりゃあ沈没するのも無理ないわ

f:id:rengm:20181010220313j:image

 

 

世界一周中断してダイビングマスター目指してる人

旅の途中で働きながらダイビングしてる人

ダハブが忘れられなくて戻ってきちゃう人

 

 

 

人それぞれ進む道は違うんだ

いろんな生き方があっていいよね~

 

 

 

 

f:id:rengm:20181010220424j:image
紅海に面していて海がめちゃくちゃ綺麗だし、治安も気候も良くて、世界で一番安くライセンスが取れるダハブ。コスパ最強です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今年も残り3ヶ月を切りました

アフリカ縦断が始まるぞおおお

 

 

 

 

 

 

 

 

 

旅の様子はこちらから!

YouTube https://youtu.be/PBgAoHWijuQ

 


Instagram http://Instagram.com/_rengm_

Twitter http://Twitter.com/_rengm_