Ren 世界一周ブログ

World is our playground

Happy New Year!! 🌅🎍🎌

新年あけましておめでとうございます!

2018年はじまりました! 

f:id:rengm:20180101235107j:plain

いつも通り長野県の実家に帰省してゆっくり年末年始を過ごしています。

*いまお風呂でこれ書いてます。

 

カウントダウンは地元の諏訪大社に2年参りに行って、初日の出を見ることなく夕方まで寝てしまうという完璧な寝正月です!お年玉はちょっとだけもらえた笑

おみくじは小吉であんまりいいこと書いてなくて(占いとかあんま信じないタイプだけど)、初夢もよく分かんないもの見ました。

 

2018年は自分にとって、忘れられない1年になると思う、というか、します。

就職活動、教育実習を終えて、自分なりに色々考えて「世界一周」を決意しました。

 

そんな2018年は、自分の人生を大きく左右する決意の年。理想の世界に近づくには自問自答した時に「YES」と言うこと。決断、行動、経験、このサイクルは本当に大切だと思うから若いうちに身につけたい。

旅しながら人生の素晴らしさとか旅の魅力を表現して発信して、誰かしらに影響与えられる人になる。

 

ただ、世界ってのはものすごいスピードで変化してるんだよね。平成がもうすぐ終わろうとしていて、昭和は古いって言うように、そのうち平成は古いって言われるようになる。

常に若い世代が時代を作っていく中でどう生きるか。自分より下の世代との関わり方ってかなり重要で、いろんなこと吸収していかないとね。例えばだけど、新しい言葉ってすぐ生まれるじゃん、マジ卍みたいな。笑

 

世界一周だって、実はそんなに大したことじゃないよ。すごいって言われてるのは気のせいで、実際誰でも出来ることだし、だから何?って感じになってくる。むしろ一周だけ?そのくらい簡単に世界一周できる時代。

 

最近いじってるカメラとか映像に関して言えば、基礎的なことはできて当たり前だし、カメラも安く手に入る時代だから、ある程度のものは誰でも作れるんだよね。(カメラマンとか映像クリエイターになりたい訳ではない)

そんなの当たり前ってなってきて、その先に何があるかが大切な気がするなあ。何に対してもそうだけど、自分らしさとか個性みたいなものが飛び抜けてないとね。

 


まあでも結局のところ、生きたいようにやりたいように行動してる人が魅力的なんだよね。

ビビったり、失敗するリスクがあっても、やってみるしかない。一歩踏み出さない限り可能性はゼロだよ。

誰かの敷いたレールとか時代の流れに身を任せるより、自分らしさを大切にしてさ、やりたいことカッコいいと思うことをやり続けたい。

 

自分だけの人生、泥臭く生きていこう!

2018年もよろしくお願いします!!

 

 

予防接種しました!

さて、今回は世界一周の予防接種についてのお話。

f:id:rengm:20171117182458j:plain

海外行く時って病気とか怖いですよね!

僕、昔から体調崩すことは滅多にないし大きな怪我もしたことなくて体は強い方なんですけど、さすがに海外1年行って無傷で帰ってこれるかは分かんないんで。

というか、予防接種の証明書がないと南米とか入国できないし。

 

とりあえず、厚生労働省のホームページをチェック!

FORTH|海外渡航のためのワクチン

どこの地域に行くかによって推奨のワクチンが書いてあります。

でもどこまで打てばいいの?

 

いつも参考にしてるTABIPPOもチェック!

世界一周の経験者11人による予防接種(黄熱病・破傷風・A型B型肝炎)まとめ | TABIPPO.NET [タビッポ]

TABIPPOは他にもいろんな情報あるからぜひ!

 

で、僕が接種するのは

A型肝炎 ×3

B型肝炎 ×3

狂犬病 ×3

破傷風 ×1

日本脳炎 ×1

 

・黄熱病 ×1

 

こういう特殊なワクチンは大きな病院かトラベルクリニックにしかないので事前に調べておくといいと思います!

 

僕が行ったのは三軒茶屋にある 

ふたばクリニック/内科小児科/世田谷区三軒茶屋

ただ、黄熱病だけは別で検疫所に行って接種するみたいです!

 

今日打ってもらったのは、

A型肝炎

B型肝炎

狂犬病

一気に3つの注射器打たれたの初めて、、笑

昔から注射は苦手です。

 

で、来週打ってもらうのは

狂犬病

破傷風

日本脳炎


1ヶ月後には

A型肝炎

B型肝炎

狂犬病


という感じで何回か通うことになります。

 

3つのワクチンで20,500円でした。予防接種って保険効かないんですよね。まあ命に比べたら安いもんです。

だいたい3ヶ月前くらいには動いた方が良さそう!間隔をあけて打たないといけないし、ワクチンの在庫がない場合もあるので!黄熱病は他の予防接種とずらした方がいいので後回し!

 

最低限の準備は日本で済ませたいね!


Instagram: http://Instagram.com/_rengm_/

Twitter: http://Twitter.com/_rengm_

itta: https://itta.me/writer/ren/

 

 

答えは「旅」でした。

こんにちは!
2018年4月、大学卒業後に世界一周の旅に出ます。

 

なぜ旅に出るのか?世界一周を決意した理由。

f:id:rengm:20171002193322j:plain

現在、大学では英語文化コミュニケーション学科に所属し、英語教育や異文化について勉強しています。周りがインターンとか就活とか言い始めた頃、僕はまだ遊んでいたかったし、やりたい仕事もあまり無くて、将来や仕事について深く考えていなかったです。それでも大学に入学した時は教員に興味があって、1年生の時から教職の授業を取り始めて、今でも続けています。

3月から本格的に就職活動がスタート、6月には教育実習が決まっていて、その間の3ヶ月とその後、どうしようかなって考えました。最初は就活なんて考えてなかったけど、就活も経験としてやってみようかなって思って合同説明会に。そしたらそれが意外と面白くて、自分の中の狭い考え方とか価値観が変わって、就職活動を始めました。周りの人よりスタートが遅かったからESとか自己分析とか何から始めればいいか分からなかったけど、自分なりに取り組んで、興味のあった業界から何社か内定を頂きました。

教職は大学1年から続けてきたし教育実習の直前で辞める決断はできなかったので、実習に行ってみて教員という立場を経験して、免許は取ろうって決めました。母校の高校で3週間英語を教えて、サッカー部の指導もさせて頂いて、思ったのはやっぱ教員って面白いなってこと。休みはほとんど無いしやること多くて大変だけど、授業わかりやすいです!とか面白い!って言ってくれたり、先生先生って質問に来てくれる生徒たちがいて、めちゃくちゃやりがいあるじゃん!って。

でも、

 

退屈なのは、世界か、自分か。

f:id:rengm:20171002193103j:plain

教育実習が終わってからの数ヶ月、「自分が本当にやりたいことって何?」これにすごい悩んだ。卒業単位はすでに取り終わって(むしろ他の人より多く取っていて)、卒業と同時に教員免許も取得予定で。

そもそも卒業したら就職しないといけないの?若いうちに安定って必要?今しかできないことって絶対あるよな。もっと自由でいいんじゃない?とか。

 

「世界一周」

 

これは前から頭の片隅にあった言葉だったけど、このまま社会人になったら結局できないんだろうな。いつかしたいっていつだろう?

就活や教育実習を終えて色々と考えた結果は、やっぱ旅したい。いろんな世界を自分の目で見たい。先月、頂いていた内定を全てお断りし、世界一周を決意しました。

 

僕たちはまだ何者でもない。だからこそ何者にでもなれる。

f:id:rengm:20171002193149j:plain

就職して社会に出たら、そこで何者かに固まってしまう気がする。暑苦しいスーツを着て乗車率120%の満員電車に毎日乗り込む姿は想像できませんでした。

正直、まだ何も背負ってない。今よりさらに人生が進んだら、仕事とか家族とか多くのものを背負うから、自由に動けるのは今しかない。

日本では、大学4年=就活、大学卒業=就職っていうのが一般的。いい会社に入るためにいい大学に入って、就活では作り笑顔で自分を殺して、なんだかマニュアル通り。

就職もせずに旅する人なんてなかなかいないだろうけど、だからこそ。就職することが全てじゃないし、敷かれたレールの上を走りたくないです。

 

僕の人生は間違いなく僕の人生。

f:id:rengm:20171002193233j:plain

就職して、教員になって、毎月一定のお給料を頂いて。それなりに安定したいい暮らしはできると思います。でもそれなりの人生かな。

まだ22歳。安定した暮らしなんてじいちゃんになってからでいいや。仕事も生き方も考え方も人それぞれだけど、僕は好きなことをやっていたい。

もちろん他と違う道を選んだから不安もあります。でも不安より新しいことにチャレンジできる時間も可能性も広がったからワクワクの方が大きい。

 

絶対に「旅行」とは言わせない、圧倒的な「旅」

します。

 

Instagramhttp://Instagram.com/_rengm_/

Twitterhttp://Twitter.com/_rengm_/

itta: https://itta.me/writer/ren/